12 1月 15

転職活動をして内定が決まった時に、内定先や退職先への対応をどのようにすれば良いのでしょうか?気をつけなければならない幾つか大事なポイントを押さえながら、対応の仕方を紹介していきたいと思います。

■内定の連絡が来た時の対応

内定が決まった時には企業側から、何らかのリアクションがあります。たいていの場合は電話が連絡、あるいは郵送による連絡となるでしょう。
この時に大切なのは、「返事をなるべく早くする。後回しにしない。」ということです。中途入社の場合、なるべく早く即戦力が欲しい企業が多いのです。企業側の事情も察し、返事はなるべく早くしてしまいましょう。
又、待たせてしまっては「本当に入社する気がるんだろうか?」と思われてしまうかもしれません。

スピーディな電話での返事が一番良いでしょう。「内定のご連絡、ありがとうございます。是非入社させていただきたいです。一生懸命頑張ります。よろしくお願い致します」と一報入れるだけで、印象もグっと良くなるでしょう。

■転職先が決まった時の退職先と内定先への対応

内定が決まった時点で、まだ退職先を離職していない場合は、すぐに退職先に退職したいと意思表示しましょう。すぐに退職したいと思っても出来ないからです。常識的には退職の意思を伝えるのは、遅くても自分が退職したい日の1か月前だと言われています。

退職先も次の人を募集したり引き継ぎをしなければなりません。そのためにも早く伝えるべきです。退職日が決まったら、内定先への連絡も忘れずにしましょう。そうすることでスムーズに転職できるでしょう。転職先はすぐに入社して欲しいと思っている場合が多いので、なるべくなら転職活動を始める前に離職しておく方が良いかもしれません。


Category: 看護師さんからの転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>